ホーム > 研究開発

研究開発

研究開発

私たち信和産業株式会社の技術スタッフは、様々な樹脂及び合成系ワックスのブレンド技術を駆使し、お客様のニーズにあった精密鋳造用ワックスの開発を進めています。

開発にあたっては、これまでの経験に基づくブレンドから、原料から製品に至る各種の理化学的分析によるデータに基づくブレンドへと進化しています。

信和産業株式会社が有している分析あるいは測定装置には下記のものがあります。これらの機器は、お客様にもご利用いただけます。

フーリエ変換赤外分光法(FT-IR):原材料や製品組成物の同定

フーリエ変換赤外線分光装置(FT-IR)

フーリエ変換赤外線分光装置(FT-IR)

FT-IRによる分析例(パラフィンワックス)

FT-IRによる分析例(パラフィンワックス)

熱機械分析装置(TMA):製品あるいは原材料の熱膨張の測定

熱機械分析装置(TMA)

熱機械分析装置(TMA)

TMAによる測定例(パターン用ワックス)

TMAによる測定例(パターン用ワックス)

三次元測定機:ワックスパターンの変形(ひずみ)量の測定

三次元測定機

三次元測定機

三次元測定機による測定

三次元測定機による測定

3点曲げ試験機:ワックスの強度測定

3点曲げ試験機

3点曲げ試験機

3点曲げ試験の測定例

3点曲げ試験の測定例

自動粘度計:液体から半固体にかけての粘度を測定

自動粘度計

自動粘度計

自動粘度計による測定例

自動粘度計による測定例

その他ワックスの物性に関し、次の測定を行っています。

凝固点、軟化点、針入度、液体の粘度

凝固点、軟化点、針入度、液体の粘度

実験室での検査状況

針入度の測定装置

ワックスパターンの成型

精密鋳造用ワックスの特性は、ワックスの物性だけで決まるのではなく、射出成型条件にも大きく依存します。信和産業株式会社では、2台の射出成型機を持っています。この成型機でワックスパターンを成型し、収縮率、強度、面の精度等を調べています。

射出成型機

射出成型機

射出成型機によるワックス試験片の成型

射出成型機によるワックス試験片の成型

ページトップへ戻る

中文/簡体

English

文字サイズ

Copyright © 2011 SHINWA SANGYO Co., Ltd